メイン
   【角館一般・なんでも】
     セレクトニューポート2、golfoffjp クラブでスライスを直す7つの要素:
新規スレッド作成画面へ

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
golfjudge
投稿日時: 2017-4-19 16:25
新米
登録日: 2017-3-31
居住地:
投稿: 4
セレクトニューポート2、golfoffjp クラブでスライスを直す7つの要素:
フェースから見える要素

スライスしにくいドライバーとは、いったいどのようなドライバーなのでしょうか。
先ほど、「インパクトの瞬間に、フェースが開いているとスライスする」と書きました。
つまり、「インパクトの瞬間に、フェースが開きにくいドライバー」を使えば、スライスがなくなったり、軽減されたりするのです。
どのようなドライバーが「インパクトの瞬間に、フェースが開きにくい」のでしょうか。ポイントは7つあります。順番に説明していきましょう。
【フェース】

?セレクトニューポート2重心距離が短い
重心距離とは、シャフトの中心線から、フェース面上の重心までの距離のことです。
この数字が小さいほど、フェースが返りやすく、インパクトの瞬間にフェースが開きにくくなります。
ここ数年発売されたドライバーの重心距離の平均は38ミリ前後といわれていますので、それよりも重心距離が短いドライバーをチョイスするといいでしょう。

重心距離は、最近ではクラブのカタログや商品のホームページなどに記載されていることが多いです。

また、クラブヘッドのクラウンを上から見たときの面積(投影面積といいます)が大きいほど重心距離が長くなる傾向が強いので、上から見たときに小さく見えるドライバーの方が重心距離が短く設計されていることが多いですgolfoffjp


?ライ角がアップライト
ライ角とは、シャフトとクラブヘッドの底(ソール部分)がおりなす角度のことです。
ヘッドのソールのヒール側(シャフト側)を地面につけたままトウ側を上げていくとフェースが少しずつ左を向いていくのが分かるでしょうか(ショートアイアンなどで試してみてください)。
それが、アップライトな状態です。つまり、つま先上がりのライ(地面)から球を打つと左に行きやすいのと同じ理屈で、ライ角がアップライト(数字が大きい)になるほど、ボールがつかまりやすく、スライスしにくくなります。
ドライバーでいえば、60度以上のものがアップライトといえるでしょう。

最近では、ヘッドとシャフトの挿入角を変えることで、自分でライ角を調整できるモデルも増えてきています。
ライ角は、カタログなどで数値が明記されている場合が多いのでチェックしてみてください。

また、少し余談になりますが、同じ理屈で、ティーアップを高めにしてもスライスしにくくなります。ただしこちらは、若干の技量は必要になるでしょう。

スイングを変えずに、クラブでスライスを直す7つの要素:
トウから見える要素

次に、トウから見える要素について解説します。
【トウ】

?セレクトニューポート2重心深度が深い(重心角が大きい)
重心深度とは、ヘッド内部の重心の位置が、フェース面上からどのくらい離れているかを表す数値です。
クラブのカタログなどに載っている場合もありますが、重心深度が深いドライバーは、重心角が大きくなっています。ですから、重心深度が分からないときは重心角を参考にするといいでしょう。

重心角とは、ドライバーのシャフト部分を机などの上に置いてヘッドが自由に動く状態にした時に、フェースが垂線に対してどのくらい上を向くかを表す数字で、重心角が大きいほど、ヘッドが返りやすくなります。
最近のドライバーの重心角の平均は20度前後といわれています。なので、重心角が20度以上のモデルを探してみましょう。

?セレクトニューポート2 2016セレクトニューポート2ロフト角が大きい
ロフト角が大きいクラブも、スライスしにくくなりますgolfoffjp
ショートアイアンになればなるほど左に行きやすくなるのと同様、ドライバーもロフト角が大きいと球がつかまりやすくなります。

弾道が高すぎるなど別の悩みがなければ、ロフト角が大きめのドライバーにしてスライスを軽減するのも一案でしょう。
ヘッドスピードやスイングタイプ、持ち球などにもよりますが、スライサーの人にはロフト角10度以上がおすすめです。
返信
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

新規スレッド作成画面へ
 
ふるさと角館 since 2003

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Access Analytics