メイン
   【町を離れている角館衆のフォーラム】
     電源コマンドを使ってPCの「モダンスタンバイ」対応を確認する
新規スレッド作成画面へ

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
windows10
投稿日時: 2016-9-9 17:04
半人前
登録日: 2016-8-1
居住地:
投稿: 31
電源コマンドを使ってPCの「モダンスタンバイ」対応を確認する
office 2016 for mac ダウンロード版
Windows 10は、かつてコントロールパネルで行っていた各種設定を「設定」に移行させつつある。今回のテーマである省電力設定も、従来の「電源オプション」ではなく「電源とスリープ」がメインだ。Windows 10から加わった「モダンスタンバイ」の概要と確認方法を紹介する。
Windows 10時代の省電力設定
モバイルユーザーにとってWindowsの省電力設定は、重要なチェックポイントだった。Windows 10でもこの点は変わらず、コントロールパネルの「電源オプション」を起動し、詳細設定を細かく設定する方が大半だろう。だが、その状況は変わりつつある。

Windows 10の電源管理はS3(スリープ)と「モダンスタンバイ(Modern Standby)」という2つの電源モデルを用いている。前者は以前のPCでも使用できたが、後者はWindows 8から搭載した「CS(Connected Standby)」に加えて、稼働条件を緩和したものだ。単純に「CSが進化したもの」と考えた構わない。

この機能に対応していると、「S0低電力アイドル(S0 LowPower Idle)=スリープ時」でもWi-Fi接続の維持を始めとするバックグラウンド動作が可能となり、スリープ状態からの復帰も高速化する。PCでもスマートフォン風の電源操作が可能になるのだ。
自分のPCは「モダンスタンバイ」に対応してる?
モダンスタンバイはWindows 10からの新機能だが、Windows 7もしくはWindows 8.1をインストールしたPCから、そのままアップグレードしたユーザーも多いだろう。この環境でPCがモダンスタンバイ対応かどうかを確認するには、コマンドラインから電源設定を制御する「Powercfg.exe」を使用すればよい。

モダンスタンバイに対応している場合、「以下のスリープ状態がこのシステムで利用可能です」に「スタンバイ(S0低電力アイドル)」が並ぶ。逆に未対応の場合、「システムファームウェアはこのスタンバイ状態をサポートしていません」というメッセージが現れる。

http://bestwindow.exblog.jp/25475731/
返信
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

新規スレッド作成画面へ
 
ふるさと角館 since 2003

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Access Analytics