メイン
   【このサイトへのご意見】
     Ali「人気 ドラマ 日本、歌いたい気持ちが高まった」
新規スレッド作成画面へ

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
dvdsjpnew
投稿日時: 2017-4-12 12:23
新米
登録日: 2017-3-8
居住地:
投稿: 3
Ali「人気 ドラマ 日本、歌いたい気持ちが高まった」
 この間は、どの歌手の空白期とも違うものだった。胸の中にある深い傷を覆うような時間であり、再び歌えるようにと自身をかばってくれた大衆に恩返ししようと孤軍奮闘していたのだ。

 2011年12月、彼女は自身が性犯罪被害者であることを告白した。

 当時、8歳だった少女を性暴行したチョ?ドゥスン事件をモチーフにした自作曲「ナヨン」を発表。この曲について「被害者に配慮していない」という非難が相次ぎ、世論に包まれたことを受け「私は性犯罪被害者です」と告白したのだった。

 Aliは父親と共に記者会見を開き「私は性犯罪被害者です。一人で一生背負っていかなければならない秘密だと考えていましたが、今回波紋が広がっていることを受け、少しでも誤解を解きたいという思いから秘密を打ち明けることにしました」と話し、涙を流した。

 先ごろ、ソウル市内でインタビューに応じたAliは「同じ被害者として人気 ドラマ 日本『つらいだろうが、希望をもってほしい』という願いで曲を書きましたが、失敗だったようです」とし、「活動を休んでいた時期、帯状疱疹にかかり、周波数3つが同時に聞こえるという耳鳴りの症状を患いました。(性犯罪被害者だという)告白後、すぐにKBS2『不朽の名曲』で歌いましたが、観客を見ることができませんでした。でも心配してくれたファンの皆さんの気落ちに応えるためにも打ち克たなければ、と思うようにしました」と話し、ようやく笑顔を見せた。

 女性歌手として、また「不朽の名曲」を通して初めて名前がメジャーになった時点で、つらい記憶を告白したのだから、彼女にとってはさらに胸痛むものであっただろう。後悔はしていないのだろうか。

 「歌えるようにしてほしいという切迫感と父に対して申し訳ないという思いから涙がこぼれました。つらい事件を経験したときも母が日本 ドラマ『強く生きていかなければ』と運転免許センターへ私を連れていきましたが、今回も『がんばれ』と勇気をくれました。むしろ、歌うことができないのなら死んでしまいそうでしたから…」

 以降、彼女はアルバム制作に没頭してきた。作曲家たちとレコーディングに励み、自作曲も作りながら毎日朝6時に帰宅したという。
返信
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

新規スレッド作成画面へ
 
ふるさと角館 since 2003

メインメニュー

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Access Analytics